イベント情報

 

トップページ当社のメンテナンス > Vol.014 もうひとつの車の乗り方!リースのハナシ

もうひとつの車の乗り方!リースのハナシ


近年、お車の購入時にローンではなく、リースをご利用になるお客様が増えています。
「リースって何?ローンとどう違うの?」という方のために、今回はリースについてお話しします!


そもそもリースって何?



リース(カーリース)とはリース会社と契約をむすび、毎月定額のリース料を支払うことで契約期間の間、お客様がご希望の車両を使用できる方法です。


ローンとの違いは

● 車両はリース会社が代理購入するため、購入の手間を省くことができる

● リース料に登録諸費用や税金、保険料などが含まれており、一時的な出費を抑えることができる

● 残価が設定されており、ローンよりも月々の負担が軽い etc...

ということです。

 

新車に限らず、中古車にも適用できます。もちろん当社が販売している福祉車両にも適用可能です。

今までリースは法人のお客様がご利用になることが多かったのですが、近年個人向けのリースプランに力を入れるリース会社が増え、個人利用のお客様が増えています。


残価設定リースについて

当社では、残価設定リースとメンテナンスリースという2種類のリース方式を取り扱っています。
残価設定リースはその名の通り、リース終了後の残価をあらかじめ設定し、車両本体価格からそれらを差し引いた金額からリース料を定める方式です。

前述の通り、ローンに比べて月々の負担が軽減されるという利点がありますが、リース終了時の車両の査定額によって実際の残価が変動することがあります。

また、車両によって残価設定が付くものと付かないものがあります。

当社が取り扱っている残価設定リースについての詳細はコチラをご覧下さい。

メンテナンスリースについて



メンテナンスリースとは、従来の残価設定リースに加え、月々のリース料の中にタイヤやバッテリーの交換などのメンテナンス費を上乗せするリース方式です。これひとつでメンテナンス毎にかかるわずらわしい出費を抑えることができるのでオススメです。 メンテナンス費は契約時にあらかじめ設定できるので、より計画的に予算を立てることができるのも利点のひとつです。

 

▲ページトップへ

福祉車両在庫情報
会社案内
イベント情報
4WD・他の車の在庫情報へ
カスタムオーダー