イベント情報

 

トップページ当社のメンテナンス > Vol.011花粉対策の洗車をしよう!

花粉対策の洗車をしよう!

春は、車のボディの大敵が押し寄せてきます。 それは、花粉と黄砂。 更に今年はPM2.5も多く飛来しています。花粉は水を吸います。すると花粉が膨らみ、被膜が破れて中身のペクチンが出てきます。 これは乾燥していても紫外線により酸化し、少し経つと酸により塗装が侵食されます。 また、黄砂に付着している大気汚染物質が雨などの水分に溶けだすと酸性となります。PM2.5も強い酸性で構成されています。この季節は人にとってもクルマにとっても大変な季節ですね。


早めの洗車でダメージ対策を!

花粉などは固着するとシミになり、シャンプー洗車程度では全く取れません。特に付着した状態で小雨が降ると最悪で、水玉になった状態のままシミになる可能性もあります。固着すると除去が大変ですので、花粉が付着したと思ったら出来るだけ早く洗うことです。洗う時間が無い場合はホースやバケツの水を勢い良く掛けて出来るだけ洗い流しておくだけでも固着する事を防ぐ効果があります。
洗車をしても取り除けない場合は付着後1週間から10日以内であれば70〜80度の熱湯をタオルやキッチンペーパーを介して蒸しタオル状態にして付着部分を加湿・加熱しふやかします。仕上げはマイクロファイバーで拭き取り、取れない場合はふやかす時間を延長して繰り返し時間をかけて行います。

ボディコーティングしてるクルマは大丈夫?
ボディコーティングをしているから花粉なんて怖くないと思われている方は注意!コーティングしてある分だけ侵食のペースは遅くなりますが、完全に食い止めることは出来ません。数週間も放置しておけば結局塗装面まで侵食がおよびます。油断せず、早めに洗車しましょう。

●奈良県は杉の産地があり山が近いということもあり花粉が酷いのです^^;

●花粉が付着したらできるだけ早めに洗車することが塗装を維持するポイント。
●窪みは花粉が溜まりやすいので注意。 ●固着している花粉を雑巾などでゴシゴシこするのは厳禁です。
便利な花粉グッズ
カー用品にも花粉症関連グッズがあります。車内を快適に過ごすための車載用空気清浄機、抗菌エアフィルターや、花粉や黄砂でクルマのボディが汚れたときに使えるモップなど。最近ではいろんな種類が出ています。クルマの花粉対策をして、安全・快適なドライブをお楽しみ下さい!


シャープ
車載用プラズマクラスター
イオン発生機

エアデュース
抗菌エアコン用フィルター


エクスイープ
黄砂や花粉をサッと一拭き!

 

▲ページトップへ

福祉車両在庫情報
会社案内
イベント情報
4WD・他の車の在庫情報へ
カスタムオーダー