イベント情報

 

トップページ当社のメンテナンス > Vol.003 エンジンオイル交換

エンジンオイル交換

エンジンオイル交換

エンジンオイルは潤滑・冷却・気密・清浄分散・防錆防食と非常に重要な役割を果たしています。しかし使用するにつれて酸化物や熱、ブローバイガスの混入などによって劣化したり、使用していなくてもオイルは空気によって酸化して徐々にその役割を果たせなくなります。定期的な交換をして、エンジンの性能を維持しましょう。ご購入後のメンテナンスも当社にお任せください。

 

エンジンオイルの交換時期

オイルの劣化は見た目では非常に判断が難しく使用状況によっても異なってきますので、一般的な交換時期の目安は「走行距離」「使用期間」で判断します。一般的なオイル交換の時期の目安は(メーカーによっても変わってきますが)下記の表のとおりです。短距離走行を繰り返したり、悪路での走行が多いなど条件下の悪い走行だと下記の表の約半分が目安となります。また劣化だけではなくオイル量のチェックも必要です。エンジンに不具合が無くともオイル量は徐々に減少するため、規定量より下回らないように適時補充する必要があります。頻繁に使われる福祉車輌などは早めの交換をおすすめいたします。

 

自然呼気エンジン

(直噴エンジン・ロータリーエンジンを除く)

・走行距離10,000から15,000km毎

・交換後1年以内

(上記のうちどちらかに達した時点で交換)

過給機(ターボ・スーパーチャージャーなど)付エンジン

・走行距離5,000km毎

・交換後1年以内

(上記のうちどちらかに達した時点で交換)

 

▲ページトップへ
福祉車両在庫情報
会社案内
イベント情報
4WD・他の車の在庫情報へ
カスタムオーダー