イベント情報

 

トップページ当社のメンテナンス > Vol.002 放射線量チェック

 

放射線量チェック

福島原発事故以来、放射能に関する国の基準が不安で、自治体や個人、法人が独自に測定したりし始めました。大手スーパーでも仕入れる魚や野菜など測定してから販売するという。中古車を販売する光山自動車では、仕入れ先の場所を問わず測定することにしました。テレビ番組で使っているような高性能タイプではありませんが、これで大体の数値を知ることが出来ます。

 

当社に新しく加わった放射線量測定器。

●事務所の中を測定すると0.09マイクロシーベルトでした。

●在庫車のベンツのシートで測定。0.07マイクロシーベルト

●在庫車のアルファードのシートで測定。0.03マイクロシーベルト

●ピットでアルファード外装付近を測定。
0.05マイクロシーベルト

 

■参考までに放射線量の大きさに対する人体の影響

単位はミリシーベルト(1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)

実効線量(mSv) 内訳
0.1-0.3 胸部X線撮影1回分の線量
2.4 一年間に自然環境から人が受ける放射線の世界平均。
100.0 人間の健康に確率的影響が出ると証明されている放射線量の最低値放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が法定の5年間にさらされてよい放射線の限度。放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が1回の緊急作業でさらされてよい放射線の限度。妊娠可能な女子には緊急作業が認められていない。
1000.0 急性放射線障害。吐き気、嘔吐など。水晶体混濁。

 

▲ページトップへ
福祉車両在庫情報
会社案内
イベント情報
4WD・他の車の在庫情報へ
カスタムオーダー